Top >  わきがと多汗症 >  更年期障害の多汗について

スポンサードリンク

更年期障害の多汗について

更年期障害の症状のひとつに全身に多汗が起きることがあります。更年期になると機能が発汗を抑制するエストロゲンというホルモンの分泌が低下するために起こると言われています。更年期障害の時期に起きる多汗は、急激に汗をかいたと思ったらすぐに汗がひくといった汗のかきかたが特徴です。その他にものぼせなどの症状も起こります。精神性発汗が起きることもあります。
妊娠出産による急激な女性ホルモンの減少によって起こりますが、気がつかない内に自然に治ってしまうといいます。極少数ですが精神性発汗がきっかけとなって多汗症になる人もいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 わきがになる原因とは?  |  トップページ  |  次の記事 わきがが臭うのはなぜ?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/2061

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「わきが治療と、わきが対策。これでOK!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。