Top >  わきが治療 >  わきが治療のボトックス

スポンサードリンク

わきが治療のボトックス

方法として脇の下にボトックス注射を打つ治療方法があります。ボトックスを注射を打つことで、作用を抑えるので、わきが原因である発汗を抑えることができます。ボトックス注射によるわきがの治療の効果は6ヶ月程度と多汗症の治療にも用いられています。
ボトックス注射で手のひらや足裏、脇の過剰な汗(多汗症)を、手術せずに注射だけで抑えることができます。
ボトックスによる多汗症治療は「汗が気になるけど手術は怖い」という方に治療です。

脇や多汗症が気に箇所にボトックスを注射します。
治療時間は両脇、両手のひら、両足裏それぞれ15分程度、麻酔時間は1時間程度かかります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 子供のわきが  |  トップページ  |  次の記事 わきがと多汗症は関係ある?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/2046

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「わきが治療と、わきが対策。これでOK!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。